5か月が経過しました

なんの話かと言いますと、5か月というのは、私が仕事を辞めてから開始したプログラミングの学習期間になります。

学習を始めたのが昨年の10月のことですので、そこから早5か月が過ぎようとしております。

前回の記事でも触れているのですが、5月を目途に現在のアルバイト先への就職を考えているので、ここで、これまでを振り返りながら、残る2か月で自分の取るべき行動を再考したいと思います。

5か月の間に私が学んだ事

  1. html+cssを多少。 ※サイト模写×5、ポートフォリオ×1を作成。
  2. javascriptを少々。 ※ハンバーガーメニュー、スライドショー、モーダルウィンドウの実装。
  3. PHPを少々。  ※オブジェクト指向の概念を理解するまで。

上記3つに加え、現在、このブログ運営を通してwordpressを勉強中です。

また、その他もろもろのweb制作、プログラミングに必要な基礎知識もググりながら勉強してきましたので、物覚えの悪い私にしては、この5か月でインプットしてきたものはなかなか膨大な量になるのではないかと思います。

覚えた内容のどれほどが脳内に定着しているかというのは全く別の話ですが・・・

具体的に何をして、どうなったか

上記1~3の内容をもう少し細かく見ていくと、1のhtml+cssにおいては、定番のisara、airbnb、wordpressテーマ「JIN」などを模写することで、静的なホームページを忠実に再現する力が大分養われたと思います。

2のjavascript、jqueryは書籍を通して基礎を学び、上記の機能を実装できるようになりました。が、まだ何も見ずにはコードを書けません。実装する時には、以前に書いたコードを参考にしたり、ググったりしながらになってしまいます。

3のPHPは書籍とUdemyを使い、問い合わせフォーム実装ほか、オブジェクト指向の概念を学びました。が、サイト模写に組み込んだりはしていません。最近はサイト模写(html、css+ほんの少々のjavascriptを使用)ばかりなので、ちょっと忘れかけている部分あり。

同じ独学者の成長の速さに焦り

自分にしては、結構頑張っているんじゃない?と自己評価が甘甘な私なのですが、日に日に焦りが大きくなってきております。

というのも、独学でプログラミングを学んでいる方たちの中には、2~3か月という驚異のスピードで案件獲得をされている方や、素晴らしいポートフォリオを作りあげて転職を成功させた方、半年足らずでフリーランスとして活躍している方などの報告が、ツィッターやブログなどで上がっていて「あれ・・・?オレ、ちょっとノンビリし過ぎかも・・・」と思ってしまうのです。

もちろん個人差はあるのでしょうが、そろそろ自分も「実績」を伴う活動に入らなければいけない時期に来ていると感じているところです。

実績を作ります

そんな折、つい先日なのですが、以前の職場の先輩からホームページの作成を依頼されました!私がweb制作の勉強中だという話をしたところ、奥様が開いているピアノ教室のホームページを作ってほしいとのご依頼があったのです。

このような機会を与えてくださった先輩には本当に感謝です。

まずは、先輩の奥様と打ち合わせをしなければなりませんので、打ち合わせで不安感を与えたりしないように、必要最低限の事前準備をしてから打ち合わせに望みたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました